c1372aa5.jpg
さてさてやっぱり分割2クールのようですね

ということ1期?完の最終話ということで
1話2話だっけ?と一緒の2話分の尺

余談ですが
ちょっとリアルが忙しくて書くのが遅れました_(:3 」∠ )_

2f2c9ed5.jpg
早速寝ぼけ凛

早起きしての二度寝だからしょうがないね

b99e100a.jpg
そして藤ねぇに冷やかされる

にしてもこの辺の士郎が完全にヒロイン
0f6f56c1.jpg
セイバーがウキウキなのが面白い
309778f7.jpg
パフェ食べてクレープ食べて たいやきを食べるセイバー
ここで頭から食べようか尻尾から食べようか迷ってるの可愛い

0480f1af.jpg
凛にからかわれている士郎を見て微笑むセイバーもいいよなぁ
6eb20f2a.jpg
からのバッティングセンターで負けず嫌い発動
ヘルメットから出るアホ毛

そしてお昼ご飯
7339158a.jpg
目がしいたけになる騎士王
26a24df8.jpg
サンドイッチガン見 
尻尾があったらブンブン振ってるんだろうなー

朝凛の部屋にあったのがこれですね
だから食パンがなくなっていたし凛が寝ぼけてた訳です

ここのセイバーの食べる速度な

腹ペコ王とかキャラ付けされてしまったけど
stay night時点ではそこまででもなかった気がする

hollowの時にはもう腹ペコ王だったけども

41e97390.jpg
士郎をからかってるけど凛も攻撃に弱いの図

20a70dea.jpg
場面が変わって 藤ねぇのデートとは切嗣の墓参り
藤ねぇから切嗣へはもちろん好意を持ってたけど
どっちかって言うと憧れ的な感情なんだったかな

そんな感じで衛宮家に入り浸って
そこで士郎とも出会うって感じ 
ec78418e.jpg
zeroの最終話にも実は映ってたりするんですよ
この時はまだ学生だから制服ですね
竹刀を持っているように剣道少女で剣道五段
更にfate世界のステータスに換算すると運EXという破格の豪運の持ち主
運次第ではあるもののあのティーチャーのクラスの葛木にも勝てる可能性を持つ人間

584d2522.jpg
そこにどこかで見た美女
544897d0.jpg
藤ねぇを人質にして 強襲するキャスター

vs葛木のときにも書いたけど
キャスターも士郎の異常性に気づいているでしょう?

ここで凛に対して
完成した万能と言っていますね

というのも今までも散々凛が天才と言っていますけど
魔術師って属性を2つ持てれば優秀と呼ばれるんですね(1つだから劣るということではない

例えば遠坂時臣は火
ケイネス先生なら風と水の二重属性 切嗣なら火と土の二重属性
二重属性ですら希少な存在な中

凛はそれら全ての五大元素使い(要は五重属性
キャスターが完成した万能という程の才能

士郎がなぜ不完全な特異能力なのかは
そもそも士郎の属性が五大元素ですらない特殊なものだから

さて本編の続き
8bf2f6e0.jpg
士郎が一番怒ることをしているからね
ましてやこの時点で士郎にとって最重要と言ってもいい藤ねぇを人質に取っているのだから尚更ね
士郎にとって唯一の家族みたいなものだからね

そして士郎が聖杯戦争の犠牲者だということを言うキャスター
実際犠牲者ですね 
というか唯一の生還者というかね

まぁここでキャスターが言ってるのはキャスター目線というか
切嗣と士郎の関係性とか 魔術師の常識とか そういうフィルターを通してみると
そう見えてしまうってだけなのでキャスターの独自解釈みたいなものですね

52330017.jpg
そして協力さえしてくれるならもう聖杯を出現させることが出来るというキャスター

これは本当のこと

魔術師として凛が天才と言っても
魔術師として見たらキャスターは規格外そのものなので本当に出来ます

それもzeroを見てる人なら分かると思うんですが
聖杯って今正常に機能していないというか 毒素?に侵されている状態なんですよ
だから第四次であんなことになった訳ですしね

だから第五次でも同じ状態なので仮に誰かが手に入れても
願いを叶える万能の願望器としては機能しないんですが
このキャスターが手を加えれば本物の万能の願望器として使えるというチートそのもの

そのためかプロット?の時にはキャスタールートというか
キャスターと協力するなんていうルートがあったとかなんとか


しかし士郎にとっては最悪の方法での勧誘なので受け入れられない

それでもってここで腕を差し出そうとする士郎
この時点で唯一の家族である藤ねぇは士郎の中で何より重いのでこんな行動なんですよ
セイバーとか凛に冷たい?ようにも見えますけど藤ねぇは家族ですからね
0664ff63.jpg
ここでキャスターの気が変わって殺そうとしてるのは
キャスターの真名というか生前?に関係あるんだけど
キャスターは色々裏切られてきたっていう歴史があってね
だからここでも士郎がこちらの言うとおりにする訳ない と思いつつも交渉してるんですよ

なのに士郎はかつての自分が求めていたというか
本気で自分の身を差し出そうとしてる誠実な人間?というかね
そういった複雑な感情の中 キャスターは笑うしかなかったんですよ
だから目障りだから~ って繋がってるんです

4db31c78.jpg
そして士郎の最後の令呪をもってセイバーを止めたところキャスターの宝具が発動

なんで令呪を使ってまで止めたかは藤ねぇに糸が繋がったままだからですよ
いつでもキャスターは殺せる状態にあるから士郎は止めざるを得ない と
d666622c.jpg
そしてキャスターに令呪が現われる

これがキャスターの宝具 
破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)

あらゆる魔術を初期化する宝具

ここで何をしてるかと言うと
セイバーと士郎のマスター契約を初期化し
自分をマスターとして再契約してるんですよ

だから令呪が初期の三画分あるんですよ
51013d3f.jpg
そして凛を殺せという令呪に抗うセイバー

対魔力Aは伊達じゃない
一画分の令呪ならギリギリ抵抗できるレベル

8f84a8f8.jpg
そこに現われるアーチャー

何度避けても追尾する矢を撃ってますね
hollowで撃ったあれかな
06733fe9.jpg
ここでのセイバーの表情たるや…

8536c5a4.jpg
そして士郎も今までの脅威の回復力は
セイバーとの繋がりが断たれたためなくなる… と

d9014f3a.jpg
そしてアーチャーと凛の会話

この時点だとまだ確信は得てないはず
だから色々探りを入れているし実際あり得るのかっていう話だしね

そしてキャスターを倒すという意見で一致して出向く事に
6792441a.jpg
そして意識が戻る士郎

見つけたのはどこかで見たことのある宝石

ここで士郎は何故自分があの場で死ななかったのか
誰が助けてくれたのかを知る訳ですね

切嗣に命を助けられ
凛にも命を助けられたことを知った士郎は…

19b1b97b.jpg
そしてセイバー共々に協会に赴くキャスター
ここでいう小さい方ってのは
聖杯戦争には 小聖杯 大聖杯ってあって
皆が争い求めているのが小聖杯
大聖杯ってのはそもそもの聖杯戦争のシステムそのものというか そんな感じ

まぁここでキャスターが言ってるのは
要は聖杯になる器を指してるんでしょう
zeroを見てる人なら何が器か分かりますね

だから綺礼の言うとおりここには本当にないですね

そして煽る綺礼
実際キャスターって純粋な魔術師ってだけで別に悪人じゃないんですよ
ただ歴史であったりそうせざるを得ない状況だったりするので
偽悪的というか悪役を演じているというかね

そして綺礼との戦闘
ちなみに綺礼の全盛期は第四次時点なのでこの時はもう既に衰えています
それでもこの戦闘力 
10b19fb7.jpg
そして久々のランサー

ここでのやり取りでね 誰がマスターか分かるよね

監視役のはずなのになぜかマスターになっている と
まぁそれも裏があるんですが多分描写しないなじゃないかなー
バゼットさん出す必要が出てくるしね

ae12ca37.jpg
血だらけのコートを着た青年が夜の街を歩く事案

これは傷口が開いて血がついてるんじゃなくて
刺された時についた血でしょうね(傷口も開いてるかもしれないけど

何かに気づいて上を見てるのは
アーチャーの気配を感じたからだったかな

d48ed1b3.jpg
このシーンとこのBGM この演出は反則でしょう

色んなアレンジがなされていたりして何verかあります

PC版がやっぱり思い出深いけど
DEEN版がなんだかんだ一番聞き慣れてるかな

色々言われるDEEN版ですが
今でこそ原作PCゲーのアニメなんて腐るほどあるけど
当時にFateをアニメ化するってのが凄いことだと思う

実際DEEN版でfateを知ったって人も多いと思うしね
まぁufotableの戦闘シーンとかは実際すごいからしょうがないと言えばしょうがないけどね

当時アニメ化したってだけでも充分な仕事というかね

そしてED
6529ab11.jpg
アーチャーのこれやばい このシーンが楽しみ
5d16a278.png
1クール期間をあけての第二部ですね