佐世保鎮守府 五周年
さてさてもう日付が周ってしまってますが私の所属する佐世保鎮守府も真の意味で五周年を迎えました(・v・ )
いやーまさかこんなに長く続くゲームになるとは……そして自分がついていくことになるとは全然思ってませんでした。

まぁとは言っても始めた時は友達となんか話題のゲームがあるらしいよ?ととりあえず登録した感じなので
登録して1週間ぐらいは自然回復の資源で建造を何回かするだけというプレイだった気がします_(:3 」∠ )_
それで軽巡とかが増えてきて南西諸島海域(2-*)まで進んで戦艦レシピでも試してみるかと建造してみたら
Newソート2ページ
「金剛」が建造出来て「いいキャラしてるなー」とか「戦艦強いなー」とテンション上がって
そこから一気にはまってがっつりプレイしだした気がします。Newソートは色々思い出せて感慨深い。
「天龍改二」がほぼ確定してるので、あとは「球磨改二」が実装されたらNewソート1ページ目全員改二ですねぇ
「球磨改二」実装まではまだまだかかると思いますが私の鎮守府の初軽巡ということで実装されたら嬉しいな(・v・ )

2ページ目も残り3人と結構惜しい感じですね。「最上」は割と近い内に改二実装されてもおかしくないような?
最近4スロと言えば「大淀」かむしろ「Ташкент」のイメージになりつつありますし「夕張」も全然ある気がします。
「雪風」も「長門」や「武蔵」に改二が実装されているのでなくはないと思うんですけどねー_(:3 」∠ )_
自分のtweetを遡ってみたら7/16に「天龍」がドロップしたことに触れてるので「金剛」建造は多分7/20ぐらい?
ちょうどアップデート後の【新任務】とかも消化し終えた頃だと思いますし何かお祝いでも出来たらいいなー(・◇・)


そんな中「艦これ」ライクなゲーム「少女前線」の日本版のCβTが開始ということでプレイしてみました(。・Д・)ゞ
やってみた感じは色々あって日本版リリースが遅れたこともあってちょっとゲームデザインには古さを感じます。
特に最近のソーシャルゲームでは取っ付きやすさというか手軽さを求めるユーザーが多いと思うので
そういうのを求めてると思っていたのと違う……となるかも知れません。その辺りも「艦これ」ライクかなー。
万人に受けるゲームではないと思いますけど戦術?戦略?SLGが好きな人ははまるんじゃないかなーという印象です。

ちょうど「艦これ」を始めたばっかりがこんな感じだったなー。と佐世保鯖五周年なのもあって色々思い出しました。
本国版の情報を仕入れてないので手探り感が半端ないんですけどゲームってこういうものかとなんだかんだ楽しんでます。

感想としては★5キャラの強さは感じましたけどやっぱり編成拡大コストも高いので★2★3をメインに育てるのが良さそう?
まぁただ★5キャラが高レアということでキャラデザとかに力を入れているのも感じるので1キャラぐらいはありかも?
あとは「艦これ」と違って1つのエリアに何部隊も出撃させられるので2軍というか育てるキャラはいくらいてもいい感じ。
なので恐らく序盤の戦闘向きのSMG/ARは他部隊には編成せずに残しておいてキャラの修復待ちでローテすると良さそう。
とまぁ今日1日というか数時間プレイした感想はこんな感じ(・◇・)何か書くことがあればまた記事にするかも知れません。

CβTの受付はもう終了してるので興味が持てた方は次回のOβTで手を出してみるといいかも。
CβTが7/16迄なのでOβTはその後ですがCβTのデータは引継ぎなしみたいですし差がつくことはないはず。
おまけ
ちなみに公式twitterと世界観はこんな感じ(・◇・)「民間軍事会社(PMC)」とか聞くとMGSを思い浮かべる。