2個目の四式重爆 飛龍★10
2個目の"四式重爆 飛龍"の改修も終わりました₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾
どれぐらい重要な装備となるかはまだ未知数ですが次回イベントで上手いこと使えると嬉しい。もし対空射撃回避補正の方が重要となるイベントであれば"四式重爆 飛龍(熟練)"に更新する予定ですが現時点ではこのままの予定です。
というか対空射撃回避補正が欲しくなる相手となると恐らく"ナ級II"になるのでそうなると"爆装一式戦 隼III型改(65戦隊)"を優先して配備することになりそうですし改修更新の優先度はどんなものなんですかねぇ。
6-5用基地航空隊
それはさておきせっかく作ったので[#6-5]で上手く使えないかなーと色々考えてみた結果こんな感じに。
今は「Nelson」編成で下√を通っているので制空値削りがメインなんですが今の形より"陸攻"系を1個増やせるので多少火力期待値が上がるかな?あとは[#6-4]へ出撃する時第二航空隊を流用するのでそこに"陸攻"が増えたのは大きいはず。
と言っても"陸攻"2の今でもボス到達したらまず撃破出来るので別にそのままでも良いんですけどせっかく作ったので……。

ちなみに航空拮抗調整が100%じゃないですけど熟練度0の状態でこれで実際にはある程度熟練度が付くはずなので問題ないはず。今月も終わりが近付いてきていてそろそろ[#6-5]の消化もしないといけないのでその時試してみます。
多分違いを体感出来ないとは思いますが今後のイベント海域で使う機会は多いんじゃないですかねー(・◇・)
★10と熟練
ちなみに"四式重爆 飛龍"★10と"四式重爆 飛龍(熟練)"だと1個に付き制空値6の差が出ます。
基地航空隊の制空値6は航空劣勢調整等を考えると結構大きいので対空射撃回避補正は魅力的ですが現状は保留するのが無難だと思います。結局対空射撃回避補正があっても"ツ級/ナ級II"等の防空能力の高い敵艦が並ぶと落とされるのでそういった敵編成であった場合前回/前々回イベント最深部のように制空値削りがメインになるはずですし。

少し前に触れた"爆装一式戦 隼III型改(65戦隊)"が任務で本実装されたにも関わらず特に告知もないですしこれが仕様だと考えると"ナ級II"対策としての調整だと思われるので対空射撃回避補正が欲しいならこっちで良い気がするんですよねぇ。
飛龍と65戦隊
制空値に関しても未改修でも"四式重爆 飛龍"★10並ですしこれが本当に仕様であれば"ナ級II"対策としては"爆装一式戦 隼III型改(65戦隊)"の方が優れているのでとりあえず1個は改修していきますかねー(・◇・)
"彗星"は割と開発出来るイメージなんですが"流星"を集めるのはなかなか大変なので次回イベントで使うことになるかは分かりませんが今の内に意識しておいた方が無難かも?"彗星"でいける★6でも制空値30なのでそこで充分な気もする……というか★5★6まで上げておいて更に制空値2が必要となったら改修するというのが一番賢いかも。
おまけ

"四式重爆 飛龍(熟練)"の先の装備も考えているようですし1個は作っておいても良いかも?
"四式重爆 飛龍(熟練)"の改修解禁からの改修更新ではちょっと大変なので"四式重爆 飛龍(熟練)"を消費する形での任務で実装という形になりそうですかねー?"TBM-3W+3S"と同じ感じだとしっくり来る気がします。